人気ブログランキング |

<   2018年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

すべての不調を臓腑の肩代わりとしたとき、その対処法は2つに分かれます。1つは各器官の不調に対する「対処療法」、
そして、もう1つは親会社である臓腑を立て直す「根本療法」です。現代医療のスタイルは対処療法にウエイトが置かれているといっていいでしょう。もちろん心臓バイパス手術などの根本療法も含まれていますが、この対処療法と根本療法
には大きく隔たりがあり”間”がない印象があります。
中医学では、経絡・ツボ・生薬・運動などを用いて、臓腑を直接刺激する方法が多数あります。舌・脈・喜び・顔面・小腸などに不調が見られる場合は、心(臓)に効果のある経絡・ツボ・生薬・運動などを用いていきます。


予防医学に応用

不調は臓腑からの肩代わりでありメッセージとして現れてきます。そこには「このままいくと取り返しのつかない病氣になっちゃうよ」と書かれています。日常に支障はないからと小さな不調でも放置したままになり、徐々にひどくなっていき、大きな病氣が発覚するということになります。まだ大きな病氣ではない状態(未病といいます)で、正しく対応することで大きな病氣は防ぐことができます。「たかが肩こり」「たかが冷え性」とタカをくくっていないで、完治、完治はしなくても改善させる、あるいは、せめて現状維持をしておくことが、どれほど重要なことかは、実際に大きな病氣になった人に聞いてみると明確に分かります。


同じ不調が複数の色の体質に出てくる理由

不調・病名・症状は、現在の日本では一般的に西洋医学の言葉を使っています。東洋医学では、同じ不調・病名・症状であっても、原因となる臓腑が違うことがあります。このことを「同病異治(同じ病氣であっても治療法は違うの意)」と言います。例えば、頭痛はガンガン痛い偏頭痛のような状態は青色体質である肝胆系、重いだるいような頭痛は黄色体質である脾胃系を治療します。このような背景から、「その頭痛は肝胆系からきているので青色体質ですね」
という表現を使います。

次回は色と臓腑と不調の関連、体質チェックです。

by sugawara-sekkotsu | 2018-09-24 15:33 | Comments(0)

七色の体質チェック

「不調と七色の関係 ~その不調はどの臓腑からくるのか?~」

東洋医学(特に中医学)では、あらゆる不調は臓腑と関連があると言われています。
例えば、偏頭痛、目の疲れ、股関節痛、膝関節内側・外側の痛み、足首内側・外側
痛み、イライラ、もやもや、しびれ、めまい…、これらは全て肝胆系の状態が良くない
事を表しています。さらに逆をたどると、の状態が改善すれば、これらの不調も改善すると考えます。臨床では、実際にこの現象がよく確認されます。この理論は東洋医学の不思議なイメージを連想させる大きな要因ですが、この理論にこそ東洋医学の真髄が詰まっているといっても過言ではありません。今回は、この不調と臓腑と色の関係を、
中医学で説いている五行色体表をもとにレインボー療法の経験に基づく理論を加え、色で体質を区別し七色に分けました。


すべての不調は臓腑の肩代わり

中医学では臓腑の生理機能が体系化されています。西洋医学の生理学にあたる部分といえます。その臓腑の生理機能は西洋医学の生理学に比べ多岐にわたります。心(臓)を例にとってみると、西洋医学では血液のポンプとしての機能が主ですが、中医学では血液のポンプ機能に加え、意思を司る機能(例:記憶・感情・手足を意識的に動かす…)も心(臓)の生理機能です。他にも心(臓)との関連で、舌・脈・喜び・顔面・小腸など各器官があり、これらは心(臓)の調子と連動しています。これら各器官の調子が悪くなるということは、心(臓)も調子が良くない事を表しています。
この現象を中医学では「臓象学説」と呼んでいます。人体の臓腑や各器官はバラバラには存在せず、連絡を取り合い協力して人体の健康を保っています。このことにより「体内の状態は、必ず体外に反映する」と考え、「臓腑の状態が症状や不調などの現象として体外や自覚症状として現れる」という学説をたてており、この学説は中医学の”核”と言ってもいいぐらい重要なものです。
この現象・学説を、レインボー療法創始者である小野田順亮先生は、
「親会社(臓腑)が負債を子会社あ(各器官)に肩代わりさせ、その間に何とか
親会社が立ち直ろうとしている”臓腑の肩代わり”症状である」と表現されています。

次回は臓腑の肩代わりである不調とその対処法等について、です。

by sugawara-sekkotsu | 2018-09-17 17:25 | Comments(0)
九月に入ると猛暑も和らぎ、ようやく就寝時の暑苦しさから解放され、安眠できるようになります。朝、起き上がる時に首にギクッと痛みが走って動かなくなってしまったことがありませんか。
一般に「寝違え」と言われているこの症状は、寝るときの姿勢や枕が原因ではないかと思われがちですが、実は知らず知らずの疲れが蓄積し、寝違いを起こすのが主因です。
詳しい統計はありませんが、季節の変わり目によく起こる症状で、特に肉体的にも精神的にも夏バテ状態で、疲れがたまっている初秋の時期は要注意です。

症状としては首を動かしてみると、ある方向・角度に動かすと痛みが走り、その反対方向に動かしても、痛みはなく自由に動かせます。たかが寝違いと侮ってはいけません。たとえばマイカー出勤する人にとっては、車をバックさせる時に大変な苦痛を伴うからです。
よほど痛みが激しい場合は、専門家に治療を受けてください。いずれにしろ、くれぐれも疲れを残さないことが最良のの薬です。ちなみに枕の高さは8センチ程度が最適だと言われています。

レインボー療法では
寝違えや頚椎症に有効な経穴は、足の通谷(つうこく)穴へのレインボーパワーと
手の第4指へ黒テープです。


by sugawara-sekkotsu | 2018-09-09 16:25 | Comments(0)
レインボーパワーはレインボー療法の一つの治療器具で、臨床では従来の鍼と比べ無傷害で使用が簡単、安全また交叉感染がないなど優点があります。数十年の臨床で明らかな効果がありるため、日本、韓国などの国で広範囲に使用されています。変形性膝関節症は日本で非常に多発する疾患で、膝関節の変形により臨床では鍼灸での治療の場合は選穴、施術とも困難です。
レインボーパワーの治療は安全で有効な方法であることが分かりました。特に特殊な施術法で治療する時、関節中に刺激感と温熱感がでます。この治療効果は一般の
経絡穴位の効果だけではなくて、レインボーパワーの特別な浸透性と密接に関係があると考えられます。関節内の感覚の改変及び関節の可動域の拡大はレインボーパワーの
単純な鎮痛作用だけでなく関節内の形態学の微妙な変化を引き起こしたかもしれません。

レインボーパワーの構造としては内部に地球のエネルギーを内蔵し、銅、
トルマリン石、遠赤外線セラミック、竹炭、鉄などの鉱物でピラミッドの形状作成し、
外部はエネルギーを一番通しやすい純金で3ミクロンのコーティングをしてあります。
物理学の測定によりレインボーパワーは磁気及び人体に有害的な放射線は一切ありません。
キルリアン写真(氣を写す専門の写真で高周波高電圧によるコロナ放電の状態をフィルムに焼き付けたもの)によりレインボーパワーの先端では、氣功師の外氣のようなパワーを放出することができるので、二つのパワーの先端の間では特殊な
“場”が存在し、この場は人体の骨、筋肉などの組織を貫いて、膝関節の内部で様々な
生理的変化を引き起こします。血液、リンパ、神経内の細胞液の流れを改善し、
組織の充血、水腫の軽減及び軟部組織の摩擦を解除し、神経をしめつけている
傷を柔らかくします。発痛物質も中和させるため、膝関節痛が軽減することが分かっています。
レインボーパワーの治療は単純に鍼、灸、マッサージ、物理療法より満足な効果が
得られるので、変形性膝関節症に対してより安全、有効な方法です。

レインボーパワー
レインボーパワーによる変形性膝関節症の効果 _b0391199_16382566.jpg

レインボーパワーによる変形性膝関節症の効果 _b0391199_16384000.jpg
レインボーパワーの先端から激しくほとばしる氣が映し出されている

by sugawara-sekkotsu | 2018-09-02 16:47 | Comments(0)

新潟県長岡市で肩こり、腰痛、ぎっくり腰、寝違えや骨盤矯正、猫背矯正なら【すがわら接骨院】へ。交通事故のケア・施術やむち打ち等でお悩みの方は、自賠責保険取り扱いの当院へご相談ください。


by すがわら接骨院