人気ブログランキング |

<   2018年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

東洋医学から見た夏対策

心臓とマグネシウム

心臓は、1分間に72回平均でドキドキと動いています。生まれる以前から、死ぬまで休みなしですからありがたいことです。このドキドキというのは、心臓の筋肉がリズミカルに収縮、弛緩を繰り返しているものです。このことから心臓は、筋肉でできている袋といえます。この筋肉が何らかの事情で、”摩擦”をおこすことがあります。これは狭心症の発作ですが、例えば、山登りや、長歩きなどした晩に、ふくらはぎの筋肉がギューと縮んで硬くなり痛くてどうしようもない(こむらがえり)という例がありますが、狭心症はこれの
心臓版です。
このような摩擦がおきる理由としては、ナトリウム、カリウム、そしてマグネシウム不足ということがあります。マグネシウムが足りないところに、カルシウムが相対的に多くなると、筋肉は過敏になり、ちょっとしたことで摩擦をおこしやすくなります。マグネシウムは、カルシウムと括抗作用し、細胞の外側から内側に入ろうとするナトリウムを追い出す役割があり、これで浮腫みや筋肉摩擦を防いでいます。これは、血管を拡張させる作用ということです。

逆にカルシウムは、収縮させる働きがあります。神経に対して、興奮を鎮めたり、その他、エネルギーの
生産、ホルモンの分泌、体温の調節にも深い関係があります。一日の摂取量としてマグネシウム300mg、
カルシウム600mgで、1対2の割合がバランスのとれた状態です。現在は、このバランスがくずれ、
マグネシウム不足でカルシウムだけで摂取することが多く、例えば、牛乳には、マグネシウムがなく、カルシウムだけで飲み過ぎると、血管、筋肉、心臓の収縮作用が強すぎ、拡張が弱まるため、
狭心症や、心筋梗塞などの原因になりやすいと言われています。もちろんミネラルには、マグネシウムだけではないので総合的に考え、バランスよく摂取することが大事と思われます。


レインボー療法による循環器系の施術

レインボーテープによる心臓系の体への信号は赤テープです。

レインボーパワーによる心臓系の氣の注入は だん中 と 神門 です。
東洋医学から見た夏対策_b0391199_16381335.jpg
東洋医学から見た夏対策_b0391199_16383278.jpg

by sugawara-sekkotsu | 2018-08-26 16:42 | Comments(0)
まだまだ暑い日が続いています。
体調はいかがでしょうか?
この暑い時期、レインボー療法では、
だん中()―下丹田(
に効果が表れる場合が多いようです。
そして、だん中―下丹田にレインボーパワーを当てて調整します。

下丹田を手当する事により内臓の働きの調整が行われ、
血液の再生能力が高まり、栄養吸収が良くなることにより
自然治癒力が高まると考えられます。
また、他に臓器の弱いポイントにレインボーテープを追加する事により、
一層効果が期待できます。
ただし、暑い時期を過ぎると だん中―下丹田 の効果はやや低下します。
心・小腸系には、お酒が薬になります。ですからお酒の飲めない人は、
地酒を料理に使用すると良いでしょう。
暑い時期は 心、小腸系が弱ります_b0391199_09083789.jpg


by sugawara-sekkotsu | 2018-08-16 14:19 | Comments(0)
皆様、暑い日が続きますが夏バテしてませんか?
暑いからといって、夏バテするとは限らないんですよ。
本来、人間には、環境に適応する能力が備わっているからです。
暑さに慣れて夏型の体になるには、約2週間かかると言われています。
夏の健康管理はまず、暑さに適応出来る体をつくることです。
その基本は、「バランスのとれた食事」「充分な睡眠」「適度な運動」です。
暑いと麵類等のさっぱりした単品メニューですませたくなりますが、それだけでは栄養の偏が心配です。
健康維持に必要な、たんぱく質やビタミンが不足しやすくなります。
そんな時におすすめは、たんぱく質がしっかり取れる冷奴です。
食欲増進に酢も効果的です。殺菌効果もあります。
水分補給は水やお茶で十分とるようにしましょう。清涼飲料水ばかり飲んでいると、糖分を摂り過ぎ食欲もなくなるので要注意です。

疲れはその日のうちにとる
夏の疲労回復には昼寝も効果的で、リズム正しく熟睡できれば半分は、克服した様なものです。
寝不足や不規則な生活は、免疫力の低下や無気力を生みます。
ですから、なるべく普段より早寝早起きを心がけたいものです。

夏の健康のバロメーターは、「どれだけ快い汗を流したか」です。
適度な運動は血流を良くするため、疲労回復につながります。

冷房は27~28℃に
夏に体調を崩す原因の一つに冷房があります。
暑い戸外と、冷房の利いた室内を何度も出入りしていると、おなかが冷えて腹痛や下痢を起こしやすくなります。
そして手足や体がだるくなったり、女性は生理不順になったりします。
いわゆる「冷房病」です。
冷房のの温度は家庭では27~28℃くらいに心がけるようにしましょう。
快適な温度には、個人差がありますが、外の気温と極端な温度差があると体調を崩しやすくなりますので注意しましょう。


レインボー療法での夏の健康管理
消化器機能への手助けは、よく噛む事と食べ物を選ぶ事
夏バテには
レインボーパワー施術
耳黄穴(じこうけつ)、両期門(りょうきもん)、盲愈(こうゆ)、
レインボーテープ
太衝(たいしょう)―青   太白(たいはく)ー黄
太谿(たいけい)―黒

冷房病には
パワー施術
腰愈(ようゆ)と中極(ちゅうきょく)
レインボーテープ
神門(しんもん)―赤  太谿ー黒
上記のような症状に、レインボー療法ではこの様な施術を行います。

by sugawara-sekkotsu | 2018-08-05 16:58 | Comments(0)

新潟県長岡市で肩こり、腰痛、ぎっくり腰、寝違えや骨盤矯正、猫背矯正なら【すがわら接骨院】へ。交通事故のケア・施術やむち打ち等でお悩みの方は、自賠責保険取り扱いの当院へご相談ください。


by すがわら接骨院